Posted by on 8月 25, 2014 | No Comments
再翻訳とは?

再翻訳とは、一回翻訳された文書をまた翻訳する事をしめします。再翻訳は多数な方法によって行われます:原文を同じ言語へともう一回翻訳する事、翻訳された原文を新しい言語へと翻訳する事(直接原文を翻訳せず、あらかじめ翻訳された文書を使って新しい言語へと翻訳をする事)、又は原文の言語へと折り返し翻訳を行う事。

再翻訳は未だに深く勉強されていない作業でありながら、文芸の世界、特にold literary textsの翻訳では徐々に重要となっ及びています。言葉の進化により翻訳文書は時代遅れとなり、「再翻訳」を通じて言語的に更新、豊富化をする事が必要となります。ところが、literary classicsを現在の日常語へと再翻訳をする事に関する議論は多々あります。

あらゆる変数が関わっており、この記事に示される様、翻訳チェックの為再翻訳に頼るのは必ずしも正当とは限られません。文芸翻訳は特にそうです。作家で評論家でもあるアダム・サーエルさんは12のお話を集めた本を出版しました。この12のお話はあらゆる言語で書かれた物です:デンマーク語、スペイン語、オランダ語、日本語、ドイツ語、アラブ語、ロシア語、セルビア・クロアチア語、イタリア語、ハンガリー語、英語とまたイタリア語。この原文は61人の翻訳者により18の言語へと翻訳されました。この本の目的は、分からない言語で書かれた文書でも、再翻訳テクニックを使う事で翻訳出来るようになる事を証明することでした。10話は英語へと翻訳され、その他の2話はドイツ語とスペイン語へと翻訳されました。その翻訳はさらに新しい言語へと翻訳されました。一番長いチェーンは6つの英語への翻訳で繋がれています。翻訳者達は全く原文を読まないで、前の翻訳だけを頼りに自分の翻訳を書きました。

このプロジェクトの一番の目的は翻訳がどれほどお話の前バージョンを頭よく、又はおかしく変える事が出来るかを見せる事でした。 多数の翻訳はとてもいい結果となりましたが、いくつかのお話は原文の内容からかなり離れた物となりました。

興味深い事に、このambitiousなプロジェクトの結果はイギリスで « Chinese whispers »と呼ばれる物です(フランスでは« Arab telephone »と言います)。再翻訳の連続はたまに少し kookyな versions。 for example « je peux reprendre mon souffle » which means I can catch my breath becomes « I must slip away to reprimand my souffle ».

To find out more, please visit:

http://www.theguardian.com/books/2013/aug/11/multiples-adam-thirlwell-review-portobello

その他の情報(フランス語):

http://www.lesgrandsdebats.fr/Debats/La-retraduction-des-classiques-est-elle-necessaire

http://www.academia.edu/2024083/La_retraduction_Etat_des_lieux

http://blog-de-traduction.trustedtranslations.com/2012/03/30/de-lutilite-de-la-retraduction/

Leave a Reply

Menu